技術第2部 設計1課 橘克哉

2014年入社
工学部社会開発システム工学科卒業

入社動機

 私は学生時代から建設関係、特に設計や構造物の診断に携わる仕事がしたいと思っていました。就職活動では説明会等でたくさんの会社の話を聞きましたが、その中で当社を選んだ理由が2つあります。まず第1に、自分のやりたかったことや目指していたことが合致していたことです。農業土木が主体の会社ですが、道路や建物の設計もあり、幅広い知識を身につけられるというのが魅力でした。第2に、社員をいろいろな面でサポートしてくれるということです。仕事上での指導はもちろん、社外の講習会費用を補助してもらえ、資格を取得するごとに資格手当が増えます。社員を大事に育ててくれるというのがこの会社の特色だと感じ、志望することにしました。

現在の仕事内容

 現在は上司の指示で図面を描いたり、構造物の設計に必要な材料の数量や日数を計算によって割り出したり、また現場に足を運び必要な情報を収集したりと毎日忙しくも充実した日々を送っています。入社した当初は図面の描き方がわからない、専門用語が分からない、そもそも何をしていいか分からない、という状況でしたが、先輩のサポートで少しずつ慣れてきました。まだまだ分からないことだらけですが、徐々に知識やできることが増えていくことに喜びを感じています。

仕事でのエピソード

 入社当初は業務報告書の誤字・脱字や記入漏れ、数量算出では一歩間違えれば全体に支障が出るような間違いもしました。学生の頃はテストで少し減点される程度で済まされていた間違いでも、この業界では重大な事故に発展してしまうことがあります。今の自分の目標は、指示されたことを忠実にこなすことです。低いハードルですがとても大事なことだと感じています。責任ある仕事だと自覚し、これからも取り組んでいきたいと思います。

将来のビジョン

 入社1年目なので、自分が携わった構造物が実際に完成した姿をまだ見たことがありません。将来の夢というほど大きなものではないのですが、まずは自分が設計した構造物が実際に使われている姿を見たいと思っています。知り合いにも自分の仕事の成果を簡単に見てもらえますし、これほどやりがいのある業種はないとさえ思います。地域のみなさんに喜んでもらえる設計をして社会貢献ができればうれしいです。

学生へのメッセージ

 就職活動をしている方はどの業種にしようか迷っているだろうと思います。会社のホームページやパンフレットだけでは分からないこともたくさんあります。できるだけ会社説明会に参加し、気になることはしっかり質問することがポイントだと思います。入社して理想と現実のギャップに直面にしないためにも、しっかり会社調べを行い楽しい就活にしてください。そこでもし当社に興味をもったらぜひ見に来てください。

PAGE TOP